17.10 - 例: 注文日に従った注文ID別のハッシュ インデックスの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のハッシュ インデックスは、o_orderkey (基本テーブルOrdersのプライマリ インデックス)で分散され、o_orderkey (基本テーブルOrdersの順序キー)の値の順序で格納されます。

     CREATE HASH INDEX ord_hidx_3 (o_orderdate) ON orders
     ORDER BY VALUES;

基本テーブルの順序付け列は、長さが4バイト以下の単一数値列に制限されるというルールを満たしています。

これは次の結合インデックスと構造が同等のインデックスを作成します。

     CREATE JOIN INDEX ord_jidx_3 AS
      SELECT o_orderkey, o_orderdate, orders.ROWID 
      FROM orders
      ORDER BY o_orderkey
     PRIMARY INDEX (o_orderkey);