17.10 - ALTER PROCEDURE構文要素(SQL形式) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
database_name
変更するSQLプロシージャが含まれた、修飾用データベースの名前。database_nameを指定しないと、現行セッションのデフォルトのデータベースが想定されます。
user_name
変更するSQLプロシージャが含まれた、修飾用データベースの名前。user_nameを指定しないと、現行セッションのデフォルトのユーザーが想定されます。
procedure_name
再コンパイルするプロシージャの名前。指定するSQLプロシージャはすでに存在し、SPLコンパイル時オプションを使用して作成されている必要があり、また、外部プロシージャであってはなりません。一度に再コンパイルできるのは1つのSQLプロシージャのみです。

以下の任意指定の指定内容は、SQLプロシージャ定義と共にデータ ディレクトリに保存されます。オプションはどの順でも指定できます。各オプションは一回だけ指定できます。

LANGUAGE SQL
プロシージャ本体がSQL言語で作成されています。この句は任意指定です。
行レベル セキュリティを管理するためのSQL DCL文とDDL文は、ストアド プロシージャでは使用できません。
[ NO ] SPL
SQLプロシージャのソース テキストはディクショナリに保存[してはなりません]する必要があります。
プロシージャのSLPオプションはNO SLPに変更できます。
[ NO ] WARNING
SQLプロシージャの変更中にコンパイル警告が返され[ません]。
プロシージャのWARNINGオプションをNO WARNINGに変更することができます。
AT TIME ZONE
この指定の後にSQLプロシージャのタイムゾーンを設定するように指定します。COMPILEオプションまたはCOMPILE ONLYオプションのいずれかが先行する場合にのみ、AT TIME ZONEを指定できます。AT TIME ZONEを単独で、またはEXECUTE PROTECTEDオプションやEXECUTE NOT PROTECTEDオプションの後に続けて指定することはできません。
LOCAL
プロシージャのタイムゾーンをシステム デフォルトに設定します。
[ sign ] 'quotestring'
プロシージャのタイムゾーン オフセットを±quotestringに設定します。デフォルトは+です。
Vantageは指定された式を必要に応じ、かつ許可される場合は、タイムゾーン変位またはタイムゾーン文字列に暗黙的に変換します。Vantageが±quotestringデータ型で実行する暗黙的なデータ型変換の完全なリストについては、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>を参照してください。