17.10 - AFTER JOURNAL - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

AFTERイメージ ジャーナル行は、新しいユーザーに作成されたデータ テーブルでデフォルトとして維持されます。

ユーザーはジャーナル テーブルを1つだけ含むことができます。

デフォルトは、ジャーナリングなしです。

AFTER JOURNALのみを指定する場合、変更前のイメージは維持されません。両方のタイプを指定する場合は、これら2つの指定が競合しないようにする必要があります。

この設定は、特定のデータ テーブルの作成時にそのテーブルに対して上書きできます(CREATE TABLEおよびCREATE TABLE ASを参照)。

NOまたはDUALを指定しないでJOURNALキーワードを指定すると、単一コピーのジャーナリングが暗黙指定されます。

ジャーナリングが指定されると、FALLBACK保護を設定されたデータ テーブルに対するDUALジャーナルが維持されます。

AFTERを省略したJOURNALキーワードは、暗に両方の種類(BEFOREおよびAFTER)のイメージを指定します。

NO
AFTERイメージ ジャーナル行は、新しいユーザーに作成されたデータ テーブルでデフォルトとして維持されません。
DUAL
非フォールバック データ テーブルの二重AFTERイメージ ジャーナル行が維持されます。
LOCAL
非フォールバック データ テーブルの単一のAFTERイメージ ジャーナル行は、変更されたデータ行と同じ仮想AMPに書き込まれます。
NOT LOCAL
非フォールバック データ テーブルの単一のAFTERイメージ ジャーナル行は、クラスタ内の別の仮想AMPに書き込まれます。