17.10 - 例: JavaテーブルUDF - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の例は、テーブル関数の定義を作成する2つの異なる方法を示しています。関数の動作は同じです。

この例でのJavaメソッド シグネチャのVOID戻り型と戻りパラメータ データ型の使用方法に注意してください。これらは、スカラーUDFと集約UDFとで異なります。このような違いは、テーブルUDFから複数の列値が返される可能性があるため必要です。

     CREATE FUNCTION mytableudf (
       p1 INTEGER )
     RETURNS TABLE (c1 INTEGER, 
                    c2 INTEGER)
     LANGUAGE JAVA
     NO SQL
     PARAMETER STYLE JAVA 
     EXTERNAL NAME 'UDF_JAR:UserDefinedFunctions.mytableudf';
     public static void mytableudf(int i, int[] ret1, 
                                   int[] ret2) throws SQLException
     CREATE FUNCTION mytableudf (
       p1 INTEGER )
     RETURNS TABLE (c1 INTEGER, 
                    c2 INTEGER)
     LANGUAGE JAVA
     NO SQL
     PARAMETER STYLE JAVA 
     EXTERNAL NAME 'UDF_JAR:UserDefinedFunctions.mytableudf(int,      int[],int[])';
     public static void mytableudf(int i, int[] ret1, 
                                   int[] ret2) throws SQLException