17.10 - 例: 行レベル セキュリティ制約分類をプロファイルに割り当てる - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の例では、2つの異なる行レベル セキュリティ制約に対応する分類のサブセットをプロファイルに割り当てます。レベル分類の1つがデフォルトとして定義されています。これらの制約が設定された行レベル セキュリティ テーブルにアクセスできるプロファイル メンバーの機能は、プロファイル制約割り当てによって定義されています。

CREATE PROFILE profile_name AS
   ... ,
   CONSTRAINT = Classification_Level (Secret, Unclassified DEFAULT),
   CONSTRAINT = Classification_Country (US, UK, GER);