DATEFORM - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

ユーザー用のDATE値のインポートおよびエクスポートのデフォルト形式。

DATEFORM = INTEGERDATEはデフォルトです。

詳細は、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。

ANSIDATE
DATE値をCHARACTER(10)の形でインポートおよびエクスポートするためのDATEFORMオプションを設定します。
作成される日付列と、文字形式の日付定数に'YYYY-MM-DD'日付形式を設定します。
INTEGERDATE
DATE値をエンコードされた整数の形でインポートおよびエクスポートするためのDATEFORMオプションを設定します。
INTEGERDATEの結果、作成される日付列および文字形式の日付定数は、YY/MM/DDのフィールド モードのデフォルトDATE形式になります。YY/MM/DDデフォルトDATE形式は、tdlocaledefユーティリティを使って変更できます。詳細は、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。
INTEGERDATEはデフォルトです。
NULL
DATEFORMをNULLに設定します。
DATEFORMをNULLにすると、フィールド モードの日付のデフォルト形式、およびDATE値をインポートまたエクスポートする場合のデフォルト形式が、DBS制御レコード内のDATEFORMパラメータで定義されたシステム デフォルトと同じになります。