17.10 - SHOW QUERY LOGGINGのルール階層 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

SHOW QUERY LOGGINGリクエストは、ルール キャッシュとDBC.LogRuleTblから次の順序で一致を検索します。

階層の順序 ルールのタイプ
1 アプリケーション名に基づいたルール。
2 このユーザーおよびアカウントに対するルール。
3 このユーザーまたはデータベースおよび任意のアカウントに対するルール。
4 このアカウントを使用するすべてのユーザーに対するルール。
5 すべてのユーザーまたはデータベースおよび任意のアカウントに対するルール。

1つのルール タイプと一致する複数の固有ロギング ルールを作成すると、Vantageは、それらのルールを階層内の各ルール タイプに作成順に配置します。

Vantageは次の基準を使用して、ルール キャッシュとDBC.LogRuleTblに存在するルールとSHOW QUERY LOGGINGリクエストが一致する方法を判別します。これらの基準は、リクエストがルール キャッシュまたはDBC.LogRuleTbl内のどの固有ルールにも一致しない場合についても考慮されています。

指定内容 このリクエストが検索する単一の最適ルール
アプリケーション名 一致するアプリケーション名ルール。
単一のユーザー名またはデータベース名とアカウント名 次のセットから一致するルール(表示順に検索)。

指定されたユーザ名: 指定されたアカウント名

指定されたユーザー名またはデータベース名: すべてのアカウント名

すべてのユーザー名: 指定されたアカウント名

すべてのユーザー名およびデータベース名: すべてのアカウント名

単一のユーザー名またはデータベース名(アカウント名の指定なし) 次のセットから一致するルール(表示順に検索)。

指定されたユーザー名またはデータベース名: すべてのアカウント名

すべてのユーザー名およびデータベース名: すべてのアカウント名

ALLおよび特定のアカウント名 次のセットから一致するルール(表示順に検索)。

すべてのユーザー名: 指定されたアカウント名

すべてのユーザー名: すべてのアカウント名

ALL (アカウント名の指定なし) すべてのユーザー名: すべてのアカウント名に一致するルール。