17.10 - 例: 親テーブルの更新が子に伝播することの保証 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

親テーブルに対するすべてのUPDATEおよびDELETEが子テーブルに伝播することを保証するとします。参照整合性をプロシージャとして適用するために設計されたこの例は、2つのAFTER文トリガーを親テーブルに定義して、親テーブルに対するプライマリ キーの更新が子テーブルの適切な外部キー列に派生するようにします。

以下に、テーブルの定義を示します。

      CREATE TABLE parent_tab (
       prime_key INTEGER, 
       column_2  INTEGER, 
      column_3  INTEGER)
     UNIQUE PRIMARY INDEX (prime_key);
     CREATE TABLE child_tab (
       prime_key INTEGER, 
       for_key   INTEGER, 
       column_3 INTEGER
     FOREIGN KEY (for_key) REFERENCES WITH NO CHECK OPTION
                           parent_tab(prime_key));

ここで、対象テーブルのParent_Tabにトリガーを定義します。

      CREATE TRIGGER UpdateForKey
       AFTER UPDATE OF prime_key ON parent_tab
       REFERENCING OLD TABLE AS OldTable NEW TABLE AS NewTable
     FOR EACH STATEMENT (
       UPDATE child_tab
       SET for_key=NewTable.prime_key
       WHERE child_tab.for_key=OldTable.prime_key;);
     CREATE TRIGGER DelForKey
       AFTER DELETE ON parent_tab
       REFERENCING OLD TABLE AS OldTable
     FOR EACH STATEMENT (
       UPDATE child_tab
       SET for_key=NULL
       WHERE for_key=OldTable.prime_key;);