例: 構造化されたUDTを使用したJava外部ストアド プロシージャの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage
この文では、CIRCLEという名前の構造化UDTが作成されます。
CREATE TYPE CIRCLE AS (x double, y double, r double);
次の文では、CIRCLE構造化UDTを使用してJava外部ストアド プロシージャを入力パラメータA1のデータ型として作成します。
CREATE PROCEDURE MyCircle(IN A1 CIRCLE, OUT A2 INTEGER)
      LANGUAGE JAVA
      NO SQL
      PARAMETER STYLE JAVA 
      EXTERNAL NAME 
     	'UDF_JAR:UserDefinedFunctions.mycircle';
public static void mycircle(java.sql.Struct A1, int[] A2) throws SQLException