16.20 - Windowsサーバー上の構成ファイルの変更 - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
  1. IPv6が有効であることを確認するには、ping6を使ってサーバーに接続します。
  2. サーバーのIPv6アドレスを識別します。ipconfig次の例に示すように、出力には必要な情報が含まれています。
    IP Address............: fe80::250:56ff:fe86:167e
    fe80::250:56ff:fe86:167eはIPv6アドレスです。
  3. Windowsサーバーで、次の2つのファイルを編集します。
    1. $EM_HOME/conf/transport.propertiesファイルを編集します。
      msm.amq.brokerURL=failover:(tcp://[IPv6 Address A]:61616,tcp://[IPv6 Address B]:61616)?randomize=false&maxReconnectDelay=25&maxReconnectAttempts=2
      [IPv6 Address]は、リモート サーバーのIPv6アドレスです。Active MQサービスのデフォルトのポート番号は61616です。 例:
      msm.amq.brokerURL=failover:(tcp://sdll0019Machine:61616,tcp://sdvsue7014Machine:61616)?randomize=false&maxReconnectDelay=25&maxReconnectAttempts=2
    2. $WINDOWS\system32\Drivers\etc\hostsファイルを編集して、次の内容を追加します。
      IPv6 Address A   Host A   COP entry A 
      IPv6 Address A   Host B   COP Entry B
      [IPv6 Address]は、リモート サーバーのIPv6アドレスです。 例:
      fe80::250:56ff:fe86:48e2%4 sdll0019Machine sdll0019MachineCOP2
      fe80::250:56ff:fe86:40cd%4 sdvsue7014Machine sdvsue7014MachineCOP3