16.20 - Ecosystem ManagerリポジトリでのTPT OMDの無効化 - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
  1. 次のいずれかの選択を使用して、構成スクリプトを実行します。
    JDKのバージョン オプション
    JDKバージョン1.8のみがインストールされている $EM_HOME/bin/configure.sh $JAVA_HOME
    複数のJDKのバージョンがインストールされている $EM_HOME/bin/configure.sh jdk 1.8 path
    例:
    $EM_HOME/bin/configure.sh /opt/teradata/jvm64/jdk8
  2. 以下の画面が表示されたら、2 Remove EM event delivery(2 EMイベントの配信を削除)を選択します。
    1 Add EM event delivery (This will also configure TPT Operational Metadata delivery for EM repository)
    2 Remove EM event delivery
    3 Initialize TPT Operational Metadata delivery for a non-EM repository
    4 Disable TPT Operational Metadata delivery for a non-EM repository
    0 to exit
  3. Yと入力し、Enterキーを押して、Ecosystem Managerへの運用メタデータの配信を無効にします。
  4. EMイベントの配信を有効なまま維持するには、Nを入力してEnterキーを押します。TPT運用メタデータは、Ecosystem Managerリポジトリに配信されません。