16.20 - Ecosystem Managerクライアント パッケージのSolarisへのインストール - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
  1. LinuxクライアントにJRE 1.8がインストールされていることを確認します。
  2. クライアント パッケージをサーバーのフォルダにダウンロードします
  3. Teradata Software Serverから、またはUnity Ecosystem Managerのメディアから、次のファイルをコピーします。em-publisher-solarisXXXX__solaris_XXXX.16.20.xx.xx.tar.gz
    em-agent-solarisXXXX__solaris_XXXX.16.20.xx.xx.tar.gz
    XXXXは、SparcやOpteronなどのアーキテクチャを示します。xxはバージョンを示します。
  4. 次のtarファイルを抽出します。tar -xvf em-publisher-solarisXXXX__solaris_XXXX.16.20.xx.xx.tar.gz

    tar –xvf em-agent-solarisXXXX__solaris_XXXX.16.20.xx.xx.tar.gz

  5. publisherパッケージをインストールします。pkgadd em-publisher パッケージは、/opt/teradata/client/emにインストールされます。
  6. Agentパッケージをインストールします。pkgadd em-agent パッケージは、/opt/teradata/client/emにインストールされます。
  7. Ecosystem Managerサービス パラメータを構成するスクリプトを実行します。/opt/teradata/client/em/bin/emserviceconfig.sh
    パラメータは次のとおりです:
    • JRE HOME (1.8)
    • PRIMARY EM SERVER HOSTNAME(BROKER)
    • FAIL-OVER EM SERVER HOSTNAME(BROKER)
    • ECOSYSTEM ID
    • RESOURCE SUB-CATEGORY
    単一システム環境の場合、プライマリ サーバーとフェールオーバー サーバーのホスト名パラメータには、同じ値を使用します。リソースのサブカテゴリに対して、次のいずれかのサーバー値を使用します。
    説明
    RS レプリケーション
    BI ビジネス インテリジェンス
    BAR バックアップ、アーカイブ、および復元
    LS ロード
    TD Teradata
    APP アプリケーション
    ETL 抽出/変換/ロード
    BUS メッセージ バス
    DMC Data Mover
    Unknown 自動登録
    USL Unity Source Link
    次の例のsvr1およびsvr2は、Ecosystem Managerサーバーを示しています。eco1はEcosystemで、APPはリソースのサブカテゴリです。

    /opt/teradata/client/em/bin/emserviceconfig.sh /usr/java/jre1.8.0_18 svr1 svr2 eco1 APP

    パラメータ 設定
    JRE HOME (1.8) /usr/java/jre1.8.0_18
    PRIMARY EM SERVER HOSTNAME(BROKER) svr1
    FAIL-OVER EM SERVER HOSTNAME(BROKER) svr2
    ECOSYSTEM ID eco1
    RESOURCE SUB-CATEGORY APP
  8. TPT運用メタデータの配信をEcosystem Managerリポジトリで無効にします
  9. Ecosystem Managerサービスのステータスを確認します。/opt/teradata/client/em/bin/empublisher status

    /opt/teradata/client/em/bin/emcontrolagent status

    /opt/teradata/client/em/bin/emmonitor status

  10. Linuxクライアント サーバー上のEcosystem Managerサービスを停止します。/opt/teradata/client/em/bin/empublisher stop

    /opt/teradata/client/em/bin/emcontrolagent stop

    /opt/teradata/client/em/bin/emmonitor stop

  11. Linuxクライアント サーバー上のEcosystem Managerサービスを開始します。/opt/teradata/client/em/bin/empublisher start

    /opt/teradata/client/em/bin/emcontrolagent start

    /opt/teradata/client/em/bin/emmonitor start