16.20 - ユーザー ロールの割り当て - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
ロールをユーザーに割り当てるには、あらかじめTeradata Viewpointポータルのロール マネージャ ポートレットでロールを定義する必要があります。使用可能なロールのリストがロール タブに表示されます。ロールを選択して、現在のユーザー アカウントに割り当てることができます。

既存のTeradata Viewpointユーザー アカウントに、ロールを割り当てることができます。Teradata Viewpointポータルが、自動プロビジョニングを使用するように構成されている場合は、ユーザーが最初にTeradata Viewpointにログオンするときに、ユーザー アカウントが自動的に作成されます。デフォルトでは、自動プロビジョニングされたアカウントは外部認証され、デフォルトのロールが割り当てられます。認証ソース(LDAPなど)とデフォルトのロールは、構成中に設定されます。

  1. 管理メニューからロール マネージャ ポートレットを開きます。
  2. ユーザー ビューで、ユーザー リストを参照するかフィルタを使用してユーザーを検索します。
  3. ユーザーの名前をクリックします。
  4. ロール タブをクリックします。使用可能なロールは、使用可能なロール枠にリストされます。ユーザーに割り当てられたロールは、ロール: <ユーザー名>枠に表示されます。
  5. 使用可能なロール リストからロールを1つ選択するか、ShiftキーまたはCtrlキーを押しながら複数のロールを選択します。
  6. をクリックします。選択したロールはロール: <ユーザー名>枠に表示されます。割り当て済みのロールは、使用可能なロール枠内で淡色表示されます。
  7. 適用をクリックします。