Teradata Ecosystem Manager | Ecosystem Managerクライアント - 16.20 - Root以外のユーザーとしてのEcosystem Managerクライアントの実行 - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
非ルート ユーザーとしてEMクライアントを実行するには、次のステップに従います。rootユーザーとしてemmonitorを実行する必要があります。

プラットフォーム:LinuxおよびRedhat

  1. 前のバージョンのEM AgentおよびEM Publisherパッケージをすべてアンインストールします。
  2. システムにrootユーザーとしてログオンします。
  3. EM PublisherとEM Agentパッケージを/opt/teradata/client/em/フォルダにインストールします。rpm -ivh em-publisher-16.20.xx.xx-1.x86_64.rpm

    rpm -ivh em-agent-16.20.xx.xx-1.x86_64.rpm

  4. emserviceconfig.shスクリプトを実行します。/opt/teradata/client/em/bin/emserviceconfig.sh
  5. すべてのサービスを停止します。opt/teradata/client/em/bin/emstopall.sh
  6. (オプション)必要な場合は、グループとroot以外のユーザーを作成します。例えば、groupadd adminuseradd -G admin nonrootです。
  7. rootユーザーとして、次のパスのユーザー権限およびグループ権限を変更します。/etc/opt/teradata/em

    /var/opt/teradata/em/files

    /var/opt/teradata/em/logs

    /opt/teradata/client/em/bin

    例: chown -R nonroot:admin /etc/opt/teradata/em
  8. root以外のユーザーとしてログオンします。
  9. empublisherサービスとemcontrolagentサービスを開始します。/opt/teradata/client/em/bin/empublisher start

    /opt/teradata/client/em/bin/emcontrol start

  10. エラーがないか/opt/teradata/client/em/logs/empublisher.logを確認します。