16.20 - Ecosystem Managerサーバーのパスワードの構成 - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
  1. スタンバイEcosystem Managerサーバーに、syncuserとしてログオンします。
  2. すべてのEcosystem Managerサービスを停止します。/opt/teradata/emserver/bin/emstopall.sh
  3. データベースやOSのEcosystem Managerのパスワードを変更します。Ecosystem Managerのデュアル環境で、アクティブ サーバーとスタンバイ サーバー(データベース用またはOS用)に同じパスワードを使用します。
  4. パスワード ユーティリティを実行して、emuserパスワードを変更します。/opt/teradata/emserver/bin/changepasswords.sh
    Enter OS or DB: DB
    Enter username: emuser
    Enter password: 
    Re-Enter password:
    Enter 0 for exit: 0
    
    変更する他のユーザー名とパスワードについても、この手順を繰り返します。
  5. アップグレード スクリプトをrootユーザーとして実行します。/opt/teradata/emserver/repository/upgrade.sh
  6. 残りのEcosystem Managerサーバーにログオンし、同じ手順を繰り返します。
  7. Ecosystem Manager環境の構成を完了します。
    • 単一のEcosystem Manager環境の場合、syncuserとして以下を実行します。

      /opt/teradata/emserver/bin/config_single.sh

    • デュアルEcosystem Manager環境の場合、syncuserとして以下を実行します。

      /opt/teradata/emserver/bin/config.sh

  8. emuserパスワードが変更されている場合は、ViewpointでuiConfigスクリプトを実行します。/opt/teradata/viewpoint/portlets/em-portlets/uiConfig.sh