16.20 - apiconfig.xmlファイルの変更 - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
apiconfig.xmlファイルは、すべてのサーバーで利用可能です。
  1. IPv6が有効であることを確認するには、ping6を使ってサーバーに接続します。
  2. IPv6アドレスおよびインターフェースを識別します。
    1. Windows以外のサーバーでは、ifconfigと入力します。次の例に示すように、出力には必要な情報が含まれています。
      eth3:Ethernet&nbsp HWaddr 00:50:56:86:0B:77
      inet6 addr: fe80::250:56ff:fe86:167e Scope:Link
      eth3はインターフェースで、fe80::250:56ff:fe86:167eはIPv6アドレスです。
    2. Windowsのサーバーでは、ipconfigと入力します。次の例に示すように、出力には必要な情報が含まれています。
      Ethernet adapter Local Area Connection 2:
      IP Address............: fe80::250:56ff:fe86:167e
      2はインターフェースで、fe80::250:56ff:fe86:167eはIPv6アドレスです。
  3. apiconfig.xmlファイルに次の内容を追加して、IPv6アドレスを指定します。
    <receiver>
      <host>IPv6 Address%Interface</host>
      <port>61616</port>
    </receiver>
    例:
    <receiver>
      <host>fe80::250:56ff:fe86:167e%eth3</host>
      <port>61616</port>
    </receiver>

    Active MQサービスのデフォルトのポート番号は61616です。