16.20 - Teradata Parallel Transporter(TPT)の運用メタデータ(OMD) - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN

Teradata Parallel Transporter(TPT)は、Ecosystem内で実行されているジョブから、実行パラメータやランタイム測定基準などの運用メタデータを収集します。Ecosystem Managerがこれらのメタデータのメッセージを受け取るためには、次の環境を準備する必要があります。

  • TPTバージョン14.10.00.04以降が、クライアントにインストールされている
  • Ecosystem Managerクライアント ソフトウェアがクライアント上にインストールされており、emserviceconfig.shが使用されている
運用メタデータのメッセージは、各クライアント コンポーネントでデフォルトで有効になっており、Ecosystem Managerシステムに送られます。クライアントにTPTがインストールされていない場合、または、運用メタデータが必要ない場合には、この機能を無効にすることができます。