16.20 - SSLオプションを含めるための、Ecosystem Managerクライアントでのempublisherファイルの更新 - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
SSLを構成するEcosystem Managerクライアントやその他のクライアントで、次のステップを実行します。
  1. SSLオプションを含めるように、empublisherサービス スタートアップ スクリプト/opt/teradata/client/em/bin/empublisherを変更します。
  2. 既存のファイルのコピーを作成します。cp "/opt/teradata/client/em/bin/empublisher "/opt/teradata/client/em/bin/empublisher.original
  3. Empublisherファイルを開き、start関数で、次の行を見つけます。
     "nohup $JAVA -Dservice_name=empublisher $SERVICE_FLAGS -Djava.util.logging.config.file=$LOGGING_CONFIG -classpath $CLASSPATH_SERVICE $PUBLISHER_CLASS --threadPoolSize=$NUM_THREADS > $EM_HOME/logs/empublisher.log 2>&1 &"
  4. コードを次のように変更します。
    “nohup $JAVA -Djavax.net.ssl.keyStore=/home/em/client.ks -
    Djavax.net.ssl.keyStorePassword=password -
    Djavax.net.ssl.trustStore=/home/em/client.ts -
    Dservice_name=empublisher $SERVICE_FLAGS -
    Djava.util.logging.config.file=$LOGGING_CONFIG -classpath
    $CLASSPATH_SERVICE $PUBLISHER_CLASS --threadPoolSize=$NUM_THREADS >
    $EM_HOME/logs/empublisher.log 2>&1 &”
    
  5. $EM_HOME/conf/transport.properties$EM_HOME/conf/transport.properties.originalにコピーします。
  6. $EM_HOME/conf/transport.propertiesを編集して、6161661617に、tcpsslに変更します。
  7. empublisherサービスを停止して開始します。/etc/init.d/empublisher stop /etc/init.d/empublisher start
  8. ログ ファイルを確認します。tail -f /opt/teradata/client/em/logs/empublisher0_0.log
  9. サンプルのsendeventを送信し、検証のために、EMリポジトリまたはEMエクスプローラ ポートレットを確認します。