16.20 - Ecosystem Managerクライアント パッケージのLinuxへのインストール(Teradataによる管理外の場合) - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
ここで説明するクライアント パッケージのインストールに加えて、Ecosystem Managerには特定の種類のパブリッシャーおよびエージェント クライアント パッケージをインストールおよび構成するためのREST APIが用意されています。参考資料を確認するには、http://EM server host:port/swagger-ui.html#!/server-controller/updateServerUsingPUTに移動してください。例: http://wario:8090/swagger-ui.html#!/server-controller/updateServerUsingPUT。APIの例については、Teradata® Ecosystem Manager API Referenceを参照してください。
  1. インストールされていない場合は、JDK/JRE 1.8をインストールします。
    1. teradata-jdk8__sles_x8664.1.8.0_xx-tdc2.tar.gzパッケージをダウンロードします。
    2. パッケージを解凍します。tar -xvf teradata-jdk8__sles_x8664.1.8.0_xx-tdc2.tar.gz
    3. パッケージをインストールします。rpm -uvh teradata-jdk8-1.8.0_xx-tdc2.x86_64.rpm
  2. クライアント パッケージをサーバーのフォルダにダウンロードします
  3. 次のファイルを抽出します。tar -xvf em-publisher-linux64__linux_x86_64.16.20.xx.xx-1.tar.gz

    tar -xvf em-agent-linux64__linux_x86_64.16.20.xx.xx-1.tar.gz

  4. 次のrpmパッケージを見つけます。em-publisher-16.20.xx.xx-1.x86_64.rpm

    em-agent-16.20.xx.xx-1.x86_64.rpm

  5. rpmパッケージを/opt/teradata/client/emフォルダにインストールします。rpm -ivh em-publisher-16.20.xx.xx-1.x86_64.rpm

    rpm –ivh em-agent-16.20.xx.xx-1.x86_64.rpm

  6. Ecosystem Managerサービス パラメータを構成するスクリプトを実行します。/opt/teradata/client/em/bin/emserviceconfig.sh
    パラメータ:
    • JRE HOME (1.8)
    • PRIMARY EM SERVER HOSTNAME(BROKER)
    • FAIL-OVER EM SERVER HOSTNAME(BROKER)
    • ECOSYSTEM ID
    • RESOURCE SUB-CATEGORY
    単一システム環境の場合、プライマリ サーバーとフェールオーバー サーバーのホスト名パラメータには、同じ値を使用します。サーバーに対して、次のいずれかの値を使用します。
    説明
    RS レプリケーション
    BI ビジネス インテリジェンス
    BAR バックアップ、アーカイブ、および復元
    LS ロード
    TD Teradata
    APP アプリケーション
    ETL 抽出/変換/ロード
    BUS メッセージ バス
    Unknown 自動登録
    USL Unity Source Link
    次の例のsvr1およびsvr2は、Ecosystem Managerサーバーを示しています。eco1はEcosystemで、APPはリソースのサブカテゴリです。

    /opt/teradata/client/em/bin/emserviceconfig.sh /usr/java/jre1.8.0_18 svr1 svr2 eco1 APP

    これにより、パラメータが次のように設定されます。

    パラメータ 設定
    JRE HOME (1.8) /usr/java/jre1.8.0_18
    PRIMARY EM SERVER HOSTNAME(BROKER) svr1
    FAIL-OVER EM SERVER HOSTNAME(BROKER) svr2
    ECOSYSTEM ID eco1
    RESOURCE SUB-CATEGORY APP
  7. TPT運用メタデータの配信を無効にします
  8. Ecosystem Managerサービスのステータスを確認します。/opt/teradata/client/em/emstatus.sh
  9. Linuxサーバー上でEcosystem Managerサービスを停止します。/opt/teradata/client/em/emstopall.sh
    LinuxパッケージがData Moverサーバーにインストールされている場合は、統合するために両方のData Moverサービス(デーモンおよびエージェント)を再起動します。
  10. (オプション)Red Hat 7.xでem-publisher-16.20.12.xx-1.x86-64.rpm以降のインストールが失敗する場合、次の手順を実行します。
    1. 次のエラー メッセージが表示されることを確認します。
      error: Failed dependencies:
              libc.so.6 is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libc.so.6(GLIBC_2.0) is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libc.so.6(GLIBC_2.1) is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libc.so.6(GLIBC_2.1.3) is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libc.so.6(GLIBC_2.2) is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libgcc_s.so.1 is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libgcc_s.so.1(GCC_3.0) is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libnsl.so.1 is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libstdc++.so.6 is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libstdc++.so.6(CXXABI_1.3) is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libstdc++.so.6(GLIBCXX_3.4) is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libstdc++.so.6(GLIBCXX_3.4.5) is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
              libuuid.so.1 is needed by em-publisher-16.20.12.00-1.x86_64
      
    2. 次のコマンドを使用して欠落している依存関係をインストールします。
      yum install glibc.i686
      yum install glibc-devel.i686
      yum install libstdc++.i686
      yum install libuuid.i686
      yum install dos2unix
      
    3. em-publisherパッケージを再インストールします。
  11. (オプション)SLES 12の場合、/opt/teradata/client/em/bin/emserviceconfig.shを実行する前にsystemctl daemon-reloadコマンドを実行する必要があります。
    systemctl daemon-reloadは、初めてemserviceconfig.shを実行するときにのみ実行する必要があります。