16.20 - FILL句を使用して欠落タイムバケットを処理する - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

全体のタイムバケットで集約結果行からの特定の値が欠落している場合は、FILL句を使用して値を設定できます。いくつかのFILL値が提供されます。FILL句はGROUP BY TIME句に従う必要があります。FILL句の構文と使用可能な値の詳細については、GROUP BY TIME句を参照してください。

GROUP BY TIME句からFILL句を省略すると、欠落しているタイムバケットが無視されます。

キーワードは大文字小文字を区別しません。