16.20 - MERGEルールと制限 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

PTIテーブルでMERGE文を使用する場合は、以下のルールと制限を参照してください。

システム生成TD_TIMEBUCKET列をMERGE文に指定することはできません。これにはWHERE句内のcolumn_namecolumn_name_listsubquery_sourceexpressionなども含まれます。ただし、TD_GETTIMEBUCKET関数を使用して、TD_TIMEBUCKET列値を取得できます。

データをPTIテーブルにマージすると、システムはTD_TIMECODEに基づいてTD_TIMEBUCKET値を自動的に生成します。

ターゲット テーブルがPTIテーブルの場合は、等式述部を使用して、ON句で次の列を指定する必要があります。
  • TD_TIMECODE列。
  • 順次PTIテーブル用のTD_SEQNO列
  • COLUMNS句で指定された各列。

PTIテーブルにマージする場合、ソースTD_TIMECODE値が、DATE '2016-01-03'などのターゲット テーブルPTI句に指定されているタイム ゼロ値に先行している行はマージできません。

次のテーブルは、さまざまなマージの組み合わせを示しています。

ソース テーブル ターゲット テーブル ON句
PTIテーブル PTIテーブル 次の各列に対して等式述部を指定する必要があります。
  • TD_TIMECODE列
  • COLUMNS仕様の各列。
  • 順次テーブルのTD_SEQNO列。
非PTIテーブル PTIテーブル
PTIテーブル 非PTIテーブル 次の各列に対して等式述部を指定する必要があります。
  • プライマリ インデックス句内の各PI列。
  • PARTITION BY句内の各PPI列。