16.20 - DELETE - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

DELETE文のWHERE句でTD_TimeBucket列を指定することはできません。DELETE構文の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

例: PTIテーブルからの行のDELETE

この例のテーブル定義は、次のとおりです。
CREATE TABLE ocean_buoy (
   TD_TIMEBUCKET BIGINT NOT NULL GENERATED SYSTEM TIMECOLUMN,
   TD_TIMECODE   TIMESTAMP(1) NOT NULL GENERATED TIMECOLUMN,
   BUOY_ID       INTEGER,
   TEMPERATURE   INTEGER)
PRIMARY TIME INDEX (TIMESTAMP(1), DATE '2016-10-15', HOURS(1), NONSEQUENCED);
これらの文により、テーブルにデータが追加されます。
INSERT INTO ocean_buoy(TIMESTAMP '2016-10-16 10:33:12.1', 1, 33);
INSERT INTO ocean_buoy(TIMESTAMP '2016-10-16 11:44:12.1', 2, 34);
INSERT INTO ocean_buoy(TIMESTAMP '2016-10-16 12:55:12.1', 3, 35);
この文により、最後に挿入された行が削除されます。
DELETE FROM ocean_buoy
       WHERE TD_TIMECODE = TIMESTAMP '2016-10-16 12:55:12.1';