16.20 - INSERT - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN
INSERT文を使用して、PTIテーブルに行を挿入します。PTIテーブルのタイプは以下のいずれかです。
  • 非シーケンス化
  • シーケンス化

PTIテーブルには、システム生成のTD_TIMECODE列が含まれます。TD_TIMECODE値は、非シーケンス化PTIテーブルおよびシーケンス化PTIテーブルへの挿入の値リストの最初の値である必要があります。PTIテーブルに挿入する場合、TD_TIMECODE値は、PTI定義で指定されたタイム ゼロの値(DATE '2016-10-15'など)の前に置くことはできません。

シーケンス化PTIテーブルには、TD_SEQNO列も含まれます。これは、シーケンス化PTIテーブルへの挿入の値リストの2番目の値でなければなりません。

シーケンス化テーブルでは、行はTD_TIMECODEの値、次にTD_SEQNOの値に従って配列されます。行の順序は自動であるため、挿入は任意の順序で発生する可能性があります。

以下のテーブルは、システム生成のPTIテーブル列への挿入をまとめたものです。

説明
TD_TIMECODE これは、シーケンス化PTIテーブル用のシステム生成列です。

これはNULL受入不可能の列です。値を指定する必要があります。

これは、挿入の値リストの最初の値である必要があります。

CURRENT_TIMESTAMP、CURRENT_TIME、またはCURRENT_DATEを値として指定することはできません。

TD_SEQNO これは、シーケンス化PTIテーブル用のシステム生成列です。

これはNULL受入不可能の列です。値を指定する必要があります。

これは、シーケンス化PTIテーブルへの挿入の値リストの2番目の値でなければなりません。

INSERTの制約事項

分離ロードは、PTIテーブルへの挿入ではサポートされていません。

DEFAULT VALUESオプションは、PTIテーブルへの挿入ではサポートされていません。