16.20 - Median Absolute Deviation (MAD) - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

目的

各値間の差異の絶対値として定義された一連の値の中央値と、各グループのすべての値の中央値を返します。

MADは単一スレッド関数です。

この関数を呼び出すには、GROUP BY TIME句を使用します。詳細は、GROUP BY TIME句を参照してください。

構文



構文要素

constant_multiplier
Teradata Databaseリテラル数値定数。
value_expression
中央値の絶対偏差を計算するリテラルまたは列式。

value_expressionは、関数によって得られたビュー列に対する参照にはできません。また、順序付き分析関数や集約関数を含めることはできません。

戻り値

この関数は、REALデータ型を返します。

結果の計算にはNULLは含められません。

使用上の注意

MADの計算のための式:



constant_multiplierを指定しない場合は、デフォルトとして1.4826が使用されます。

MADは、数値データに対してのみ有効です。