16.20 - 例: 次のタイムバケット値を使用したFILL - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

欠損値があるタイムバケットの場合は、FILL(NEXT)句を使用して、欠損値を次の非欠損タイムバケット値に置き換えます。後続のすべてのタイムバケットも欠損値である場合、タイムバケットはNULLに設定されます。

例では、FILL句をNEXTとともに使用した場合のクエリーの結果を示します。

SELECT $TD_TIMECODE_RANGE, $TD_GROUP_BY_TIME, BUOYID, AVG(TEMPERATURE)
FROM OCEAN_BUOYS
WHERE TD_TIMECODE BETWEEN TIMESTAMP '2014-01-06 09:45:00' AND TIMESTAMP '2014-01-06 11:45:00'
AND BUOYID=44
GROUP BY TIME (MINUTES(15) AND BUOYID) FILL(NEXT)
ORDER BY 2,3;

結果: すべてのタイムバケットは、結果セットの一部として含まれています。timebucket #1の欠損値は、直後の非欠損値(この場合はtimebucket #2)の値に設定され、その結果49になります。timebucket #3の欠損値は、直後の非欠損値(この場合はtimebucket #4)の値に設定され、その結果43になります。timebuckets #6、#7、および#8の欠損値は、値の推測元となる後続のタイムバケットがないため、すべてNULLに設定されます。

TIMECODE_RANGE GROUP BY TIME(MINUTES(15)) BUOYID AVG(TEMPERATURE)
('2014-01-06 09:45:00.000000+00:00', '2014-01-06 10:00:00.000000+00:00') 1 44 49
('2014-01-06 10:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 10:15:00.000000+00:00') 2 44 49
('2014-01-06 10:15:00.000000+00:00', '2014-01-06 10:30:00.000000+00:00') 3 44 43
('2014-01-06 10:30:00.000000+00:00', '2014-01-06 10:45:00.000000+00:00') 4 44 43
('2014-01-06 10:45:00.000000+00:00', '2014-01-06 11:00:00.000000+00:00') 5 44 43
('2014-01-06 11:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 11:15:00.000000+00:00') 6 44 ?
('2014-01-06 11:15:00.000000+00:00', '2014-01-06 11:30:00.000000+00:00') 7 44 ?
('2014-01-06 11:30:00.000000+00:00', '2014-01-06 11:45:00.000000+00:00') 8 44 ?