16.20 - 例: 順次テーブルにデータの挿入 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

例: シーケンス化テーブルへのINSERT

以下では、テーブルに対して5つの有効なinsertが実行されます。

INSERT INTO ocean_buoy_seq(TIMESTAMP '2017-01-06 10:32:12', 1, 111, 50);
INSERT INTO ocean_buoy_seq(TIMESTAMP '2017-01-06 10:32:12', 2, 111, 60);
INSERT INTO ocean_buoy_seq(TIMESTAMP '2017-01-06 10:34:09', 1, 111, 70);
INSERT INTO ocean_buoy_seq(TIMESTAMP '2017-01-06 10:32:12', 1, 222, 80);
INSERT INTO ocean_buoy_seq(TIMESTAMP '2017-01-06 10:32:12', 2, 222, 90);

例: シーケンス化テーブルへの無効なINSERT

次の文は、insert TD_TIMECODE値が、テーブルocean_buoy_seqの定義のタイム ゼロの日付'2016-01-01'より前にあるため、エラーを返します。

INSERT INTO ocean_buoy_seq(TIMESTAMP '2015-01-01 10:32:12', 1, 111, 60);
TD_SEQNO列値がないため、この文はエラーを返します。
INSERT INTO ocean_buoy_seq(TIMESTAMP '2017-01-06 10:32:12.133308', , 444, 50);