16.20 - 欠落値の補完 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

データに欠落値がある場合は、集約の中間計算およびすべてのタイムバケットの結果セットの両方で、欠落値の補完のための複数のモードがサポートされます。時系列集約のテーブルとデータ定義の例で作成されたテーブルには、TEMPERATURE列にいくつかのNULL値があることと、すべてのタイムバケットが表わされているわけではないことに注意してください。

値が不足している場合は、次の点を考慮してください。
  • タイムバケット内の欠落値がそのグループの結果にどのように影響するか。例えば、欠落値を無視するか、0として処理するか、または別の方法で処理するかなどです。
  • 各タイムバケットの結果が必要な場合は、この結果を計算する方法(例えば、結果が無視された場合に定数値で返すなど)を指定する必要があります。

上記の各問題には、得られる総合結果に影響を及ぼすさまざまなアプローチがあります。次に、すべての時系列集約に対してサポートされる操作モードと、SQLで目的の動作を指定する方法について説明します。

AVERAGE関数のみが例として使用されていますが、説明されているモードはすべての集約に適用することに注意してください。