16.20 - TD_TIMESERIES_RANGE - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

目的

TD_TIMESERIES_RANGEマクロは、PTIテーブルのTD_TIMECODE列およびTD_SEQNO列の有効範囲を検出します。

構文



構文要素

DBC
関数が格納されているデータベースの名前。
DBname.TSTable
データベースとPTIテーブルの名前。

使用上の注意

このマクロを使用して、PTIテーブルのTD_TIMECODE列およびTD_SEQNO列に格納できる値の上限を示します。センサー データはシステムに急速に流れ込み、PTIのオーバーフローを引き起こす可能性があります。このマクロは、利用可能な領域情報を計画目的で提供し、範囲外エラーの解決にも役立ちます。

例: TD_TIMECODE列とTD_SEQNO列の有効な値の範囲の取得

Create table MyDB.ocean_buoy (
TD_TIMEBUCKET BIGINT NOT NULL GENERATED SYSTEM TIMECOLUMN,
TD_TIMECODE TIMESTAMP(6) NOT NULL GENERATED TIMECOLUMN,
TD_SEQNO INTEGER NOT NULL GENERATED TIMECOLUMN,
BuoyID INTEGER,
Temperature INTEGER NOT NULL)
PRIMARY TIME INDEX (TIMESTAMP(6), DATE '2016-01-01', HOURS(1), SEQUENCED);
 
exec DBC.TD_TIMESERIES_RANGE('MyDB.ocean_buoy');
 
TD_TIMECODE_RANGE 
----------------------------------------------------                                                                                        
TD_TIMECODE  BETWEEN TIMESTAMP '2016-01-0100:00:00.000000+00:00' AND
TIMESTAMP '2030-08-1214:23:21.842737+00:00'
                                                                                                          
TD_SEQNO_RANGE 
----------------------------------------------------  
TD_SEQNO  BETWEEN 1  AND 20000
 
-- you can specify the table name in the macro and will get the same output as above example.
 
exec DBC.TD_TIMESERIES_RANGE('ocean_buoy');