16.20 - MODE - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

目的

各グループのすべての値のモードを返します。value_expressionからの2つ以上の値の間の順位イベントでは、結果ごとに行が返されます。MODEは単一スレッド関数です。

この関数の時系列バージョンを呼び出すには、GROUP BY TIME句を使用します。詳細は、GROUP BY TIME句を参照してください。

構文



構文要素

value_expression
中央値が計算されるリテラルまたは列式。

value_expressionは、関数によって得られたビュー列に対する参照にはできません。また、順序付き分析関数や集約関数を含めることはできません。

戻り値

戻り値は、入力と同じデータ型です。

結果の計算にはNULLは含められません。

使用上の注意

MODEは、数値データに対してのみ有効です。

例: 時系列でのMODEの使用

/*PTI Table*/
SELECT $TD_TIMECODE_RANGE, $TD_GROUP_BY_TIME, BUOYID, MODE(TEMPERATURE), COUNT(*)
FROM OCEAN_BUOYS
WHERE TD_TIMECODE BETWEEN TIMESTAMP '2014-01-06 08:00:00' AND TIMESTAMP '2014-01-06 10:30:00'
GROUP BY TIME (MINUTES(10) AND BUOYID)
ORDER BY 3,2,4;

/*Non-PTI Table*/
SELECT $TD_TIMECODE_RANGE, $TD_GROUP_BY_TIME, BUOYID, MODE(TEMPERATURE), COUNT(*)
FROM OCEAN_BUOYS_NONPTI
WHERE TIMECODE BETWEEN TIMESTAMP '2014-01-06 08:00:00' AND TIMESTAMP '2014-01-06 10:30:00'
GROUP BY TIME (MINUTES(10) AND BUOYID)
USING TIMECODE(TIMECODE)
ORDER BY 3,2,4;

結果は、両方のテーブルで同じです。

TIMECODE_RANGE GROUP BY TIME (MINUTES(10)) BUOYID Mode (TEMPERATURE) Count(*)
('2014-01-06 08:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 08:10:00.000000+00:00') 1 0 10 3
('2014-01-06 08:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 08:10:00.000000+00:00') 1 0 99 3
('2014-01-06 08:10:00.000000+00:00', '2014-01-06 08:20:00.000000+00:00') 2 0 10 2
('2014-01-06 08:10:00.000000+00:00', '2014-01-06 08:20:00.000000+00:00') 2 0 100 2
('2014-01-06 09:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 09:30:00.000000+00:00') 7 1 70 6
('2014-01-06 09:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 09:30:00.000000+00:00') 7 1 71 6
('2014-01-06 09:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 09:30:00.000000+00:00') 7 1 72 6
('2014-01-06 09:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 09:30:00.000000+00:00') 7 1 77 6
('2014-01-06 09:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 09:30:00.000000+00:00') 7 1 78 6
('2014-01-06 09:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 09:30:00.000000+00:00') 7 1 79 6
('2014-01-06 10:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 10:10:00.000000+00:00') 13 44 43 10
('2014-01-06 10:10:00.000000+00:00', '2014-01-06 10:20:00.000000+00:00') 14 44 43 1