16.20 - TOP - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

目的

同順位の値があるかどうかにかかわらず、グループごとにvalue_expressionの最大のnumber_of_valuesを返します。TOPは単一スレッド関数です。

この関数の時系列バージョンを呼び出すには、GROUP BY TIME句を使用します。詳細は、GROUP BY TIME句を参照してください。

構文



構文要素

number_of_values
返す値の数を表わすTeradata Database整数値。
value_expression
先頭の値を取得するリテラルまたは列式。

value_expressionは、関数によって得られたビュー列に対する参照にはできません。また、順序付き分析関数や集約関数を含めることはできません。

戻り値

戻り値は入力データ型と同じです。

nullは計算に含まれません。

使用上の注意

TOPは、数値データに対してのみ有効です。

WITH TIESは、クエリーによって返される行に、各タイム バスケットの順序セットでの指定された行数と、追加の行が含まれることを意味します。追加の行では、ソート キー値は、指定数またはパーセントの行を満たす最終行のソート キーの値と同じです。この句が省略されていて結合が見つかった場合には、タイムコードで最も早い値が返されます。