16.20 - GetTimeZoneDisplacement - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL日付と時刻の関数および式

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1211-162K-JPN

目的

指定したタイムゾーン文字列のルールとタイムゾーン変位情報を返します。

構文



time_zone_string

VARBYTEデータ型を使用して指定した、有効なタイムゾーン文字列。Teradataでサポートされるタイムゾーン文字列のリストは、AT LOCALおよびAT TIME ZONEタイムゾーン指定子を参照してください。

time_zone_stringが有効でない、あるいはサポートされていない場合、GetTimeZoneDisplacementは先頭バイトに値1を返して、タイムゾーン文字列が存在しないことを示します。