16.20 - ANSIの日時式 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL日付と時刻の関数および式

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1211-162K-JPN

目的

DATE、TIME、またはTIMESTAMPの値(または値式)で計算を実行し、同じタイプの単一の値を戻します。

日時式は、DATE、TIME、またはTIMESTAMP値の結果を戻す任意の式です。

date_time_expressionの構文

date_time_termの構文

date_time_expression

結果がDATE、TIME、またはTIMESTAMP値になる式。

式の形式は以下のうちの1つになります。
  • 単一のdate_time_term
  • interval_expressiondate_time_term式の合計。
  • date_time_expressioninterval_termの合計または差。
date_time_term
単一のdate_time_primary、またはAT LOCAL、AT [TIME ZONE] expression、またはAT [TIME ZONE] time_zone_stringのタイムゾーン指定子が指定されたdate_time_primary。
interval_expression
以下のうちの1つ。
  • 単一のinterval_term
  • interval_termに対して加算または減算されたinterval_expression
  • start TO end句に先行するdate_time_expressiondate_time_term (括弧で囲まれる)の差。
date_time_primary
以下の要素の1つ。いずれかが適切なDateTime型である必要があります。
  • 列参照
  • 日時定数値
  • 日時関数参照

    例えば、CASE式またはCAST関数の結果や、またはCURRENT_DATEやCURRENT_TIMEのような日時組み込み関数。

  • スカラー関数参照
  • 集約関数参照
  • (table_expression)

    スカラーsubquery

  • (date_time_timestamp_expression)
AT LOCAL
現行セッションのタイムゾーンに基づくデフォルトのタイムゾーン変位を使用します。現在のセッションのタイムゾーンは、タイムゾーン文字列として指定されるか、ローカルのタイムゾーンのオフセットを定義するINTERVALデータ型として表わされるタイムゾーン変位として指定される。
AT [TIME ZONE] expression

expressionで定義されているタイムゾーン変位を使用します。

expressionのデータ型はINTERVAL HOUR(2) TO MINUTEか、暗黙的にINTERVAL HOUR(2) TO MINUTEに変換できるデータ型でなければなりません。

AT [TIME ZONE] time_zone_string
time_zone_stringは、タイムゾーン変位を決定します。