16.20 - 例: 直感的に理解できる例 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL日付と時刻の関数および式

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1211-162K-JPN

これらの例は、ADD_MONTHS関数の単純で直感的な例です。すべての結果は有効で、期待通りのものです。

例: DATE式に対して複数年の月数を問合わせる

次の文は現在の日付に13年を加算します。

SELECT ADD_MONTHS (CURRENT_DATE, 12*13);

例: 現在の日付から6ヶ月後の日付を問合わせる

次の文は6ヶ月前の日付を戻します。

SELECT ADD_MONTHS (CURRENT_DATE, -6);

例: 現在の日付から4ヶ月後の日付を問合わせる

次の文は現在のタイムスタンプに4ヶ月を加算します。

SELECT ADD_MONTHS (CURRENT_TIMESTAMP, 4);

例: 現在の日付から9ヶ月後の日付を問合わせる

次の文は1999年1月1日から9ヶ月後のタイムスタンプを戻します。キーワードTIMESTAMPを使用している定数形式に注意してください。

SELECT ADD_MONTHS (TIMESTAMP '1999-01-01 23:59:59', 9);

例: 現在の日付から1ヶ月後の日付を問合わせる

次の文は1999年1月30日に1ヶ月を加えます。

SELECT ADD_MONTHS ('1999-01-30', 1);

結果は1999-02-28になります。