16.20 - 例: 月の初めからの日数の問合わせ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL日付と時刻の関数および式

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1211-162K-JPN

次に示す例は、どちらもセッションに設定されたビジネス カレンダがありません。そのため、その問合わせは、システム定義のビジネス カレンダであるTeradataを使用します。

次の問合わせでは、その月の日数として1ではなく31が得られます。これは、入力がUTC 2009-12-31 19:00:00に変換されるためです。

SET TIME ZONE INTERVAL ‘05:00’ HOUR TO MINUTE;
SELECT DAYNUMBER_OF_MONTH (TIMESTAMP‘2010-01-01 00:00:00’);

次の問合わせでは、その月の日数として1ではなく31が得られます。これは、入力がUTC 2009-12-31 21:00:00に変換されるためです。

SEL DAYNUMBER_OF_MONTH (TIMESTAMP’2010-01-01 00:00:00+03:00’);