16.20 - 結果 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL日付と時刻の関数および式

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1211-162K-JPN

GetTimeZoneDisplacementは、指定したタイムゾーン文字列のルールとタイムゾーン変位情報を格納するBYTEの列を返します。結果のデータ型はBYTEです。返される情報は、次のとおりです。

バイト
先頭バイト
  • タイムゾーン文字列が見つからない場合は、1。これは、入力引数で指定されたタイムゾーン文字列が有効でないか、サポートされていないことを意味します。
  • タイムゾーン文字列が見つかった場合は、0。
第2バイト
  • タイムゾーン文字列に、独自の夏時間と、協定世界時(UTC時間)からの標準タイムゾーン変位情報が含まれている場合は、1。

    この場合、後続の約480バイトには、有効な標準タイムゾーン変位、夏時間のタイムゾーン変位、および夏時間の開始時期と終了時期を記述するルール一式が格納されています。各タイムゾーン文字列に格納されるルールの数は、最大で6つです。

  • タイムゾーン文字列に、独自の夏時間と、UTC時間からの標準タイムゾーン変位情報が含まれていない場合は、0。

    この場合、後続の4バイトには、タイムゾーン変位の時間および分の情報が格納されています。