Teradata Database Generic Security Services (TDGSS) メッセージ 0xe10000f1 - 17.00 - 0xe10000f1 - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Database Messages

prodname
Advanced SQL Engine
Teradata Database
vrm_release
17.00
created_date
2020年6月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1096-170K-JPN
メッセージ
The policy option is unknown.
説明
tdgss_inquire_option_for_policyに渡されたオプションをTDGSSが認識できませんでした。このエラーがログに記録されている原因として、次の3つが考えられます。1) ゲートウェイにコーディング エラーがある。2) TDGSSにコーディング エラーがある。3) ゲートウェイとTDGSSのバージョンが一致していない(新しいゲートウェイが古いTDGSSと一緒に使用されているなど)。
生成もと
TDGSSパッケージ
対象ユーザー
システム・サポート担当者
注意
なし
対処法
ゲートウェイとTDGSSのメジャー バージョンとマイナー バージョンを確認します。バージョンが一致していない場合は、TDGSSとゲートウェイのバージョンを互いに同期させてから、エラーが発生したログオンを再試行します。それでも問題が解消されない場合は、Global Support Centerに問い合わせてください。