Teradata Database メッセージ 9102 - 17.00 - 9102 - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Database Messages

prodname
Advanced SQL Engine
Teradata Database
vrm_release
17.00
created_date
2020年6月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1096-170K-JPN
メッセージ
Invalid CAST. %VSTR
説明
Periodデータ型のCAST中にエラーが発生しました。正確なメッセージは VSTR 内で示されます。a) 明示的 CAST 関数または暗黙的キャストの場合、PERIOD としてキャストされるソース文字値は、ターゲットの形式に準拠している必要があります。b) 明示的 CAST 関数または PERIOD としての文字値の暗黙的なキャストの場合、文字値は、ターゲット・タイプの精度以下の精度を持つピリオドを表す必要があります。c) 明示的なCAST関数または暗黙的なキャストの場合、結果の開始境界は、そのUTC形式において結果の終了境界よりも小さい値になっていなければなりません。これは、ピリオド(TIME)としてキャストされた TIME 値または TIMESTAMP 値、ピリオド(日付)またはピリオド(TIME)としてキャストされたピリオド(TIMESTAMP)値、またはピリオド・データ・タイプとしてキャストされる文字値または VARCHAR 値に対して発生します。d) ソース PERIOD(TIMESTAMP) 値が PERIOD(TIME) としてキャストされる場合、ソース値は、開始境界と終了境界の両方で同じ日付でなければなりません。e) Period値をDATE、TIME、またはTIMESTAMPとしてキャストするためには、Period値の継続期間は、そのPeriod値のデータ型の1粒度分となっていなければなりません。f) DATE値をPERIOD(DATE)としてキャストした場合、結果の終了境界は、DATE値の最大許容値を超えていてはなりません。g) TIME 値のキャストの場合、結果終了境界は、最大許容 TIMESTAMP 値を超えてはなりません。TIME値をPERIOD(TIME)としてキャストした場合、結果の終了境界は、結果の開始境界よりも大きい値になっていなければなりません。h) TIMESTAMP 値のキャストの場合、PERIOD(日付) または PERIOD(TIMESTAMP) として、結果終了境界は、ターゲット・エレメント・タイプの最大許容値を超えてはなりません。TIME値をPERIOD(TIME)としてキャストした場合、結果の終了境界は、開始境界よりも大きい値になっていなければなりません。i) データ変換中に、期間の値が UTC からローカル値に変換され、その逆の結果が範囲外である場合、期間値はローカル タイム ゾーンの範囲外になります。
生成もと
Period CAST関数
対象ユーザー
エンド・ユーザー
注意
なし
対処法
ソース値を訂正して再実行します。