Teradata Database メッセージ 6868 - 17.00 - 6868 - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Database Messages

prodname
Advanced SQL Engine
Teradata Database
vrm_release
17.00
created_date
2020年6月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1096-170K-JPN
メッセージ
The %FSTR routine contains invalid parameter data type. %VSTR
説明
ルーチンに無効なパラメータ型があります。UDT TRANSFORMの場合: --UDT変換グループのTO SQLルーチンのパラメータ型は、事前定義タイプである必要があります。-- UDT変換グループのTO SQLルーチンの結果パラメータ型はUDTである必要があります。-- UDT TransformグループのFROM SQLルーチンがUDFである場合、UDFのパラメータ型はUDTである必要があります。-- UDT変換グループのFROM SQLルーチンの結果データ型は、事前定義タイプである必要があります。--UDT変換グループに対してTO SQLルーチンとFROM SQLルーチンの両方が宣言されている場合、TO SQLルーチンのパラメータ型は、FROM SQLルーチンの結果データ型と同じである必要があります。UDT ORDERINGの場合: -- MAPスタイルの順序付けの場合、順序付けルーチンがUDFである場合、UDFは1つのパラメータのみを宣言し、パラメータ データ型は、順序付けが作成されるUDTである必要があります。-- MAPスタイルの順序付けに関して、順序付けルーチンがUDMである場合、UDMには空のパラメータ・リストが入っている必要があります(システムがUDMのSELFパラメータを自動的に作成します)。--RELATIVEスタイルの順序付けの場合、順序付けルーチンがUDFである場合、UDFは2つのパラメータを持つ必要があり、パラメータのデータ型は、順序付けが作成されるUDTである必要があります。-- RELATIVEスタイルの順序付けに関して、順序付けルーチンがUDMの場合、UDMには1つのパラメータが必要で、パラメータ・データ型は順序付けが作成されるUDTである必要があります。UDT CASTの場合: --キャスト ルーチンのパラメータ データ型は、キャストのソース データ型と一致している必要があります。-- キャストのソース データ型がUDTである場合、キャスト ルーチン パラメータはソースUDTと一致している必要があります。-- キャスト ルーチンの結果データ型は、キャストのターゲット データ型と一致している必要があります。
生成もと
RESモジュール
対象ユーザー
エンド・ユーザー
注意
なし
対処法
正しいパラメータ・データ型を使用してルーチンを指定し、問合わせを再実行します。