Teradata Database メッセージ 3705 - 17.00 - 3705 - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Database Messages

prodname
Advanced SQL Engine
Teradata Database
vrm_release
17.00
created_date
2020年6月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1096-170K-JPN
メッセージ
Request executed in interpretive EVL mode.
説明
これは単なる警告であり、エラーではありません。これは、現在の要求が、実行可能なEVLコードではなく解釈可能なEVLコードを使用して実行されることを示しています。この警告が返されるケースは、a) 実行可能 EVL コードを生成しようとしたときにパーサー ツリー セグメントが不足しています。b)解釈可能EVLコードと実行可能EVLコードの両方をプラスチック・ステップに適合させようとしたときに、プラスチック・ステップが足りなくなった。c)大きな単一ステップを1つ構築する場合に、コンクリート・ステップ・セグメントのスペースが足りなくなった。スペースをセーブしようとしたときに、コンパイルされたものが解釈可能EVLコードに置き換わった。唯一の対処法は、問合わせを単純化することです。
生成もと
GNCStEvl、GncApply
対象ユーザー
DBAユーザーおよびシステム・サポート担当者注: 警告が表示されたにもかかわらず、要求は処理されます。
注意
なし
対処法
これは情報メッセージです。 警告が出されないようにするには、DBC制御レコードのMaxParseTreeSegsフィールド((a)の場合)とStepsSegmentSizeフィールド((b)の場合)の値を増加します。 DBS制御フィールドの詳細については、<:lt>Teradataユーティリティ・マニュアル<:gt>を参照してください。