Teradata Database メッセージ 5713 - 17.00 - 5713 - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Database Messages

prodname
Advanced SQL Engine
Teradata Database
vrm_release
17.00
created_date
2020年6月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1096-170K-JPN
メッセージ
UNIQUE secondary index is not allowed.
説明
CREATE TABLE文では、基本索引がパーティション化されていて、しかもすべてのパーティション列が基本索引列セットに含まれている場合、基本索引列と同じ列セットに対して固有副次索引を指定することはできません。ALTER TABLE文では、基本索引がパーティション化され、すべてのパーティション列が基本索引列セットに含まれ、しかも基本索引が固有と指定されない表が結果として生成される場合、その表の基本索引列と同じ列セット上には固有副次索引は存在できません。
生成もと
RESモジュール
対象ユーザー
エンド・ユーザー
注意
CREATE TABLE文では、固有副次索引を組み入れる代わりに、UNIQUE指定の基本索引を作成する必要があります。ALTER TABLE文では、変更後の基本索引をUNIQUEと指定する必要があります(ALTER TABLE文では、固有副次索引は自動的に削除されます)。別の方法としては、CREATE TABLE文またはALTER TABLE文の後にCREATE INDEX文を別途使用することによって表に固有副次索引を作成することも可能です。この方法ならば、表が固有基本索引を有するように後から変更を加えることができます。
対処法
SQL文を調べ、要求が正しいかどうかを確認します。パーティション化されたプライマリ インデックス ルールに準拠するようにステートメントを変更し、要求を再送信します。