16.20 - ワークロード定義のサマリー - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
ワークロード特性 必須 オプション 説明
分類 はい   どのリクエストをワークロードに割り当てる必要があるか。
スロットル   はい このワークロードで同時に実行できるリクエストの数。
優先順位 はい   ワークロードに割り当てられている優先順位。

SLES 11でのTeradata Databaseには、階層ベースの優先順位管理システムがあります。

目標サービス レベル   はい 応答時間またはスループットとして定義される、ワークロード リクエストのパフォーマンスに関する目標サービス レベル(SLG)。

例えば、WD-Dashboardワークロードのクエリーは2秒で完了すると予測されますが、WD-MktReptsのリクエストは1時間以内に完了すると予測されます。

例外   はい 実行を開始してからワークロードに適さない特性(高いスキューや過剰なCPU処理など)を表示するリクエスト。
戦術的例外および戦術的例外アクションは、戦術的ワークロードに必要です。
例外アクション   はい 例外が発生したときに実行される自動アクション。
クエリーの応答を保留   はい リクエストの最小応答時間。このオプションにより、システムがビジー状態であるか低負荷の状態であるかにかかわらず、ワークロード内の高い一貫性が確保されます。
仮想パーティション   はい ワークロードのコレクション。ほとんどのシステムでは1つの仮想パーティションで十分です。 個別の事業単位や地理的な組織をサポートするプラットフォームでは、この作業の独立性を維持するために複数の仮想パーティションを使用することもできます。各仮想パーティションで、戦術的、SLG層、およびタイムシェア層のワークロード管理方法がサポートされます。