16.20 - 警告モード - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

フィルタを作成する際、初期実装に対して警告のみモードを選択できます。このモードでは、フィルタがリクエストに影響する場合にリクエストが拒否される代わりに警告メッセージが返されるため、ユーザーの作業を妨げることなく、どのようにフィルタが機能しているかを判断できます。フィルタ条件に一致するリクエストは、“WarningOnly”フィールドが“T”に設定されて、DBQLogTblに記録されます。フィルタが計画どおりに動作していることを確認した後、警告のみモードをオフにし、影響を受けるクエリーがTASMで拒否されるようにすることができます。

ヒント: Teradataでは、新しいフィルタを1~2週間警告のみモードにして、実働環境でそのフィルタの影響を受けるリクエストの数を予測できるようにすることをお勧めします。また、警告のみの期間により、パフォーマンスの低いリクエストを実行依頼していることに気付いていない可能性があるユーザーに対応する時間を確保できます。