16.20 - イベント タイプ - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
次の表に、TASMで個別にまたは組み合わせで検出できるイベント タイプを示します。
クラス サブクラス 説明
計画済のイベント
複数のイベントを組み合わせることができます。イベント組み合わせにより、同じアクションを個別のイベントとしてトリガーできます。
期間 イベントの頻度と期間には、次のユーザー指定の期間を含めることができます。
  • 曜日

TASMでは、システム時間がモニターされ、期間の開始時にイベントが自動的にトリガーされます。イベントは期間が終了するまで持続します。

ユーザー定義 これらのイベントは、APIを通じていつでも有効化できます。これらのイベントは、DBAによって取り消されるまで、またはタイムアウトになるまで継続します。
計画外のイベント
複数のイベントを組み合わせることができます。イベント組み合わせにより、同じアクションを個別のイベントとしてトリガーできます。
システム システム イベントは、次の条件のいずれかによってトリガーできます。
  • ノード停止(クリークのユーザー指定のパーセント)
  • AMP致命的(制限)
  • 利用可能なAWT(ユーザー指定の制限期間における数)
  • ゲートウェイ致命的(制限)
  • PE致命的(制限)
  • フロー制御(ユーザー指定の制限期間におけるAMPの数)
  • I/O使用量(ユーザー指定の制限期間におけるパーセント)
  • CPU使用率(ユーザー指定の制限期間におけるパーセント)
  • CPUスキュー(ユーザー指定の制限期間におけるパーセント)
TASMでは、このタイプのイベントが検出された場合、コンポーネントが復元されるまで、またはリソース値が所定の時間、通常に戻るまで、イベントはアクティブな状態に維持されます。
ユーザー定義 これらのイベントは、APIを通じていつでも有効化できます。これらのイベントは、DBAによって取り消されるまで、またはタイムアウトになるまで継続します。
ワークロード ワークロード イベントは、次のユーザー指定の条件のいずれかによってトリガーできます。
  • アクティブ リクエスト(ユーザー指定の制限期間あたりの数)
  • ユーザー指定の頻度での(リクエストの)到着
  • AWT待機時間(制限期間あたりのユーザー指定の秒数)
  • CPU使用率(制限期間あたりのパーセント)
  • 遅延キューの深さ (遅延キュー内の問合わせの数)
  • 遅延キュー時間 (時間、分、または秒単位)