16.20 - ワークロード グループ スロットル - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

ワークロード グループ スロットルは、ワークロードのグループで同時に実行できるリクエストの数を制限します。ワークロード グループ スロットルの対象となるには、ワークロードが個別のスロットルをすでに持ち、少なくとも1つの状態でアクティブになっている必要があります。ワークロード グループ スロットルの影響を受けるリクエストを実行するには、そのリクエストがワークロード スロットル制限とワークロード グループ スロットル制限の両方を満たしている必要があります。ワークロードは、1つのワークロード グループ スロットルにのみ属することができます。

システム スロットルを使用して、同時並行性の上限を強制することもできます。グループ スロットルは、特定のケースでより高い柔軟性を提供します。Teradataでは、カスタマー サイトごとに数個のワークロードのみをグループ化する必要があると想定しています。