16.20 - ユーザー定義のユーティリティ セッション ルール - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
次のいずれかを実行してユーティリティ セッション ルールをカスタマイズできます。
  • システム デフォルトよりもセッションが少ないカスタム ルールを作成します。

    このオプションは、同時にすべてのセッションを使用するにはクライアント マシンの性能が不足している場合や、他のジョブ タイプでより多くのセッションを利用できるようにするためにユーティリティ セッションを制限する場合に便利です。

  • 次の例に示すように、UtilityDataSizeセッション用クエリー バンドを使用してセッションの小さいまたは大きいデータ サイズを指定します。
SET QUERY_BAND='UtilityDataSize=LARGE;' UPDATE FOR SESSION;

UtilityDataSizeの詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>を参照してください。