16.20 - ワークロードの評価順序 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

TASMがリクエストを分類する場合、複数のワークロードが一致する可能性があります。リクエストに割り当てる必要のあるワークロードについての不確実性を避けるために、ワークロードの評価順序を調整します。複数のワークロードをリクエストに適用できる場合、システムは常にリストの上位に最も近いワークロードを使用します。

評価順序を慎重に検討してください。分類プロセスは、リクエストが一致を見つけると停止します。次のシナリオでは、評価順序が意外な方法で結果に影響しています。
  • 戦術的なリクエストを最初に評価する必要があるために「Not-All-AMPs」という条件のワークロードがある場合、ユーティリティ作業が予想外にワークロードの対象となる可能性があります。これは、ユーティリティ作業が一部のAMPだけを使用する場合があるためです。
  • 評価順序の早い段階で「USER = *」という条件を含めた場合、すべてのリクエストがその段階で実行され、後続のワークロードが考慮されなくなります。
ヒント: 最も具体的な条件(DBA、BAR、ロード ユーティリティ作業など)から開始され、最も汎用的な条件で終わるようにワークロードの評価順序を設定します。これにより、適切なワークロードに作業が分類されるようになります。