16.20 - 例外アクションの競合の解決 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

1つのリクエストで複数の例外がトリガーされることがあります。その場合、TASMでは、競合しないすべての例外アクションが実行されます。例えば、アラートを送信プログラムの実行キュー テーブルに記録の各アクションは競合しないため常にすべて実行されます。また、関連付けられたロギングも常に実行されます。

2つの同時例外で1つのリクエストに対して次のアクションを呼び出すときに競合が発生します。
  • アボートワークロードの変更
  • ワークロードの変更: ワークロードAワークロードの変更: ワークロードB
TASMでは、次のルールに従って、例外アクションの競合を解決します。
  • アボート アクションはワークロードの変更:アクションよりも優先されます。
  • ワークロードの変更:は、ワークロードで使用されるワークロード管理方法に基づいて、優先順位の昇順で適用されます。
    • タイムシェア層
    • SLG層
    • 戦術的な層
TASMでは、より低いワークロード分類が優先される次のルールを使用して、さらなる例外アクションの競合を解決します。
競合 TASMルール
2つのワークロードの変更:アクションで1つのリクエストをタイムシェア層に移動しますが、移動先のワークロードが異なるレベルにあります。 リクエストはより低いレベルのワークロードに移動されます。両方のアクションでリクエストを同じレベルに移動する場合、リクエストはアルファベット順で最初に出現する名前を持つワークロードに移動されます。
2つのワークロードの変更:アクションで1つのリクエストをSLG層に移動しますが、移動先のワークロードがその層の異なるレベルにあります。 リクエストはより低いレベルのワークロードに移動されます。両方のアクションでリクエストを同じレベルに移動する場合、リクエストはワークロードの割り当てパーセント値がより低いワークロードに移動されます。2つのワークロードの割り当てパーセント値が同じである場合、リクエストはアルファベット順で最初に出現する名前を持つワークロードに移動されます。

すべてのケースで、TASMにより、実行されなかった例外アクションがTdwmExceptionLogに記録され、上書きされたことが示されます。