16.20 - ワークロードへのハード制限の追加 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

オプションで、SLG層ワークロードにハード制限を適用できます。ハード制限とは、ワークロードが消費できるシステムリソース(CPUとI/O)の比率です。この制限は、ワークロードが持つリソースの共有とは独立しています。ハード制限は、戦術的なワークロードまたはタイムシェア層のワークロードには適用できません。

ワークロード管理ポートレットに定義する場合とまったく同じようにワークロードのハード制限が適用されます。WM CODシステム制限で考慮されるような仮想パーティションのハード制限とは異なり、Workload Management Capacity on Demand(WM COD)の比率でワークロードのハード制限を乗算する必要はありません。これにより、ハード制限のあるすべてのワークロードをモニターしやすくなります。

仮想パーティションとワークロードのハード制限の両方が存在する場合は、それぞれ独立して適用されます。ただし、そのワークロードがワークロードのハード制限を下回る固定割り当てを持つ仮想パーティションの下にある場合、ワークロードのハード制限は適用されません。

ハード制限は注意して使用してください。ハード制限を過度に使用すると、システム リソースが未使用となる可能性があります。