16.20 - 動的および固定仮想パーティション - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

仮想パーティションにはシステム リソースの比率が割り当てられ、デフォルトでは動的(ソフト)な制限になります。他の仮想パーティションがそれぞれの割り当てのすべてを使用していない場合、処理の負荷が大きい仮想パーティションはその割り当てよりも多くを消費できます。一方、システム リソースの比率が固定の場合、他の仮想パーティションがそれぞれの割り当てのすべてを使用していない場合でも、仮想パーティションはその割り当てを超えて消費できません。ワークロード管理ポートレットを使用して、仮想パーティションの割り当てを動的または固定比率のいずれかに指定します。

ワークロードの優先順位は、仮想パーティション リソース割り当てと、それが動的または固定のどちらであるかに影響されます。特に割り当ての比率が固定の場合、リソース割り当てが低い仮想パーティションで実行している戦術的なリクエストは、リソース割り当てが高い仮想パーティションで実行しているリクエストのようには実行されない可能性があります。