16.20 - ユーティリティ セッション ルール - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

ユーティリティ セッション ルールは、ユーティリティ ジョブで使用できるセッションの数を指定します。アプリケーション、ユーザー、プロファイルなど、さまざまなリクエスト元に対してカスタム ユーティリティ セッション ルールを作成することが必要な場合があります。

ユーティリティ セッション ルールを作成するには、ワークロード管理ポートレットで、セッションビューからユーティリティ セッションタブにアクセスします。ユーティリティ セッション ルールは、スクリプトの最小セッション制限と最大セッション制限(MINSESSパラメータとMAXSESSパラメータ)を上書きします。不適合のユーティリティについては、ユーティリティ セッション ルールは最大セッション制限のみを上書きします。

Data Stream Architecture (DSA)では、ユーティリティ セッションを使用しません。ワークロード管理ポートレットを使用して、DSAジョブに使用するビルド プロセスの数を指定します。

ルールを適用するユーティリティを指定する場合は、次を指定します。
  • ユーティリティ名
  • セッションの数(表示されるデフォルトのシステム制限を超えることはできません)
  • オプションの制限基準:
    • リクエスト元
    • クエリー バンド